”パッティングの練習” | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

パットが上手くなるには、こういう練習方法が良いという記事がありましたので、リブログさせていただきました。

パットは、ラインを読んでもそのライン上を転がるタッチ(強さ)でなければカップインしません。ですから、アドレスに入ったら距離勘(*1)だけに集中してあとは何も考えないのが良いのですが、ゴルフアラカルトさんの記事は、この距離勘の作り方では最良の練習方法だと思います。

 

私は、日ごろから距離勘(の基準)を作るために5mの距離を転がしているのですが、通常やっているのはストロークの振り幅を基本にしたタッチの強さです。

上級者やプロは出球のスピードで距離勘を作るんですが、その方法が公開されたことは今までなかったと思います。なぜなら、彼らはご自分の経験で長い時間をかけてそれが身に付いているからなんですね。

この記事はそこを切り取って練習に取り入れるというのですから、多くの方が脱帽なさるというか、目から鱗って感じると思います。

 

人のパットは、その出球が2mくらい出た時点で、強すぎるとか弱いとか判断できますよね。それを自分のパットに置き換えるというやり方ですね。これが何故良いかはいずれ考察して記事にしたいと考えています。

 

是非、原記事をご覧頂き参考になさって下さい。

 

*1:このブログでは

距離感:距離を読み取る能力=観察力←歩測など代替手段あり。

距離勘:距離を実現する能力=実現力←代替手段なし、あくまで勘。

と使い分けています。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ