BSopen最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

川村昌弘が勝つものと思っていましたが、逆転で今平周吾の手にVが(-12)。

首位(川村、李尚熹)と1打差3位で同組で出た今平が、最終盤で奮闘したといえます。

川村ご自身がコメしてましたが、カギは#15(パー4)。

川村自身はこのホール〇でしたが、今平の底力を示していました。

今平は左林へ入れて第3打でオン、3m(と報道されていましたが、私には1mに見えました)のパーパットを拾いました。

これで乗りましたね、続く3ホールすべて〇!!

川村は#17(パー3)で△。1打差のビハインド。

川村も#18(パー5)で〇としましたが、、、、。

 

1打差の2位は川村。

更に2打差の3位は詹世昌。

更に2打差で堀川未来夢、石川遼、李尚熹でした。

 

賞金レースの首位を走りながら、今まで今季未勝利でしたが、これで

ご自身も溜飲が下がったのではないでしょうか。

「最後まで諦めなければ良いことがあると、勝ってみてそう思えた」とコメントしています。

これで昨年初Vの「関西OPEN」以来のツアー2Vです。

 

で、今平のパット。

特徴はLeft Hand Lowのグリップです。

テンポよくパットすることなどは「今平周吾のパット」にUPしました。

 

平均パット数(現時点で1.7344でランク3位)をはじめ、STATSは全て上位にいる今平は賞金王の最有力候補ですね!

 

(最終日のスティンプ値=12.5feet)

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス