パターヘッドを見続ける | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

パットではボールを見続けてストロークするのが常道ですが、パターヘッドを見続けてストロークするようにしたら、パット数が減ってシングル入りをしたという方もおられます。その方はゴルフボールの飛行状態のスピン研究の第一人者である溝田武人さん(福岡工業大学名誉教授)です。週刊ゴルフダイジェスト(2017年NO.5)から省略して一部を引用させて頂きます。

 

ーーーー

 

パッティングにおいては、インパクト時のフェースの向きが大きく影響する。インパクトの瞬間にフェースが開いていたり、閉じていたのでは何の意味もない。

この打ち方(パターヘッドを見続ける打ち方)をすると、インパクトの時に自分がフェースを開きやすいのか閉じやすいのか確認することもできる。

 

パッティングではパターヘッドを見るなと言われているが、これはテークバックの時にはヘッドを見て、インパクトではボールを見ている、という視点のブレが発生しているために言われていること。

 

ヘッドを見続けるということであれば、視点が変わることも起こらない。

 

とくにショートパットで、方向性が良くないと悩んでいる方は試してはいかがでしょうか。

ーーーー

 

22年間の平均パット数がグラフで載っていますが、38から33まで減っていますね。

それに、溝田さんはイップスを患ったことがあるそうですが、クローグリップにして脱出できたとも。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス