振り幅 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

パットのストロークで、振り幅はテークバックとフォローでどうなるのかという記事がありました(江連忠モダンゴルフNO.751「週刊ゴルフダイジェスト」2018年NO.38)。一部を省略して引用させていただきます。

 

ーーーー

PGAのデータでは、ロングパットではフォローの大きな選手が多いが5フィート(≒1.5m)以下になるとテークバックよりフォロー(の振り幅)が小さくなる。

 

ショートパットは狙ったところに打ち出すことが大切で、そのためにはフォローが小さいほうが有利だから。

 

この基本を実践できるんなら形なんてなんだっていい。

いろいろ試して自分に合ったストロークを見つけてほしい。

ーーーー

 

昔から、ロングパットは距離勘、ショートパットは方向といわれてきましたが、現在のPGAでも同じことが行われているんですね。

 

振り幅は、パターの形式によっても違ってきますし、距離勘を合わせるために振り幅比(テークバックのふり幅:フォローのふり幅)は1:1と指導される方も多いのですが、私(Green Keeper)はフォローが大きいです。そのほうがヘッドが加速してインパクトするので、芯を捉えやすく、距離勘も出しやすいように感じているからです。

 

この記事で気が付きましたが、私もショートパットではフォローは小さくなっています。これは方向性を重視するので、本能的にこうなってくるのではないでしょうか。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス