砂漠の10ℓの水 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

長いパットの距離勘を養う方法として「超パッティング理論」(安藤秀著 学研刊)ではタイトルのゲームを紹介しています。

略して引用させていただきます。

 

ーーーー

10ℓの水をポリタンクに入れて砂漠の旅をスタートしたと仮定。

ラウンドのホールごとに、セカンドパットの距離メートル数を水のℓ数に換算して10ℓから引いていく。

 

9ホールを終了した時点で、ポリタンクの中にどれだけの水が残っているかというゲーム。

 

距離勘(原文は感)が良ければ、多くの水が残っていることになる。

ホールアウト後、少しでも水が残っていれば合格。つまり1ホール平均1.1m以下に寄せられるかどうかがポイントになる。

ーーーー

 

毎ホールともロングパットの距離に乗るわけではないですし、ボギーオンの寄せでロングパットが残ることはないので、このゲームはパットの距離勘の指標として使うよりも、アプローチでの残り距離もこの計算に含め、ショートゲームの良しあしを判断する指標として使ってゆくと面白いかな、と思っています。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス