”フックラインとかスライスラインとかタッチとか” | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

タッカメンさんの記事を勝手にリブログさせていただきました。

この方の記事は軽妙洒脱な論調ながらも、必ず核心を突いています。

長い記事ですが、要旨は

パットの基本(的に大切なこと)は真っすぐに打つこと(打てること)。

(現場では)大事なことはタッチ(距離勘)。

そして、ラインを読むのはパッティングの基本だと。

 

詳しくは源記事をご覧願います。

 

真っすぐに打てるかは日ごろの練習が決め手になると思います。

「真っすぐに打つ」

 

成人後にゴルフを始めた方の大きな課題は距離勘の作り方ですね。

これには「変動基準法」をお勧めしています。これは毎日の宅練で自分の距離を作っておくことで、練習グリーンでその距離がどれだけになってくるかを知り、それで内挿・外挿することで距離を合わせます。

「距離勘を磨く」

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。