パット功者は始動が上手い | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

これは、そう言っておられる尾崎将司が、自分のことでなく、青木功や中嶋常幸のことをことを表しての言葉です。

「ゴルフが突然うまくなる魔法の名言集」(河出書房新社刊)から一部を略して引用させていただきます。

 

ーーーー

パッティングのストロークで、最も嫌なのは、始動の時ではないだろうか。ヘッドを少しでもインやアウトに引いてしまうと「あ、いけない」と思ってしまう。

彼ら(青木や中嶋)は「完全に自分のリズムを持っている」。

これは、単にストロークを1、2で打つというようなリズムのことではなく、パッティングを始める前から刻まれているリズムのはずだ。

つまり、パッティングのプレ・ショット・ルーティンである。

 

ラインを読む。ボールから少し離れたところでアドレスの姿勢を取り、距離勘(原文は感)を合わせるように2~3回の素振りをする。

実際のアドレスに入ったら、ボールにフェースを合わせ、スタンスを決める。もう一度、カップとラインを確認したら、間を置かず始動する。

 

ゴルフでは「静から動」へのきっかけやタイミングがが難しいが、それだけを考えてもなかなかうまくゆかない。プレ・ショット・ルーティンから始まる一連の流れの中に始動があるわけで、尾崎の言ってる「自分のリズムを持っている」という意味は、この一連の流れについて言っているのである。

ーーーー

文中、尾崎の言葉なのか、編者の言葉なのか不明なところもありますが、いずれにしてもスムーズな始動は大切ですね。

 

私(Green keeper)は次のようにしています。

①アドレスに入ったら(ストロークのことは)何も考えない。

②考えるのは距離勘のみ。
③フォワードプレスしてからテークバックする。

 

③のフォワードプレスは大変有用です。以前は女子プロに多かったですね。パットだけでなくショットでも多くのプロが採用していました。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス