日本女子OPN最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

前日、菊地絵理香と並んで首位(-10)に立ったユ ソヨンがこの日5○(ノー△)で逃げ切りました(-15)。

4位(-8)で出た畑岡奈沙も4○(ノー△)と良いゴルフをしましたが、追いつきませんでした(-12)。

 

菊地は2○2△と伸ばせず3位(-10)。

4位はフェービー・ヤオの-7でした。

 

畑岡は現在Rolex Ranking16位ですが、ユ ソヨンはLPGA(US)で今季も1Vしていて、現在4位です(この試合の前)。

こういうところもゆとりを持って戦えたところかなと思います。

 

NHKの放送は台風24号の影響で、生放送を見ることが出来ず残念ですが、台風のほうが強いですよね(泣)。被害が少なくて済むよう祈って記事を書いてます。

 

というわけで、ユ ソヨンのパッティングについて、今回は見ることが叶いませんでした。

でも、私の知る限り、変わっていないですいね。

一番の特徴は、ルックアップをしないことです。

出球が1.5m位先まで転がった後でボールを追う姿がいつも見られます。

 

簡単なことのようですが、ここまで出来る選手はなかなかいません。

 

ボールを目で追っても、打ったパットの結果は変わらないです。それよりもそういう動作をすることで、打つ前に結果が気になっていて、正しくインパクト出来ないということのほうが多いです。

ならば、結果を見ずに長い時間、ボール(のあった)位置を見続けるほうが再現性は高いと言えますので、ユはそれに徹しているのではないでしょうか。

 

ユと畑岡のSTATSの差はあまりない(平均パット数、ラウンドパット数平均ともに畑岡が上位)ですが、大きな差があるのはパーオン率です。畑岡70.6%(ランク48位)に対し、ユは72.8%(同20位)で数字上(%age)の差は小さいですが、ランク差は大きいです。

 パーオン率が上であることは長いパットも多いわけですから、やはりパットの実力は同じくらいといえますね(PGAtoureの指標であるSG:PUTTING=真の巧拙指標はLPGAでは取り入れていません)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス