真っすぐに打つ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「真っすぐに狙い通りに打ててますか?」ということをアヤコさん(岡本綾子)はしばしば仰ってます(*1)。

 パットの基本中の基本は、狙い通りのところへ打ち出せるスキルがあるかどうかですから、パットのスキルをいう場合の大前提だということですね。

 

で、私(Green Keeper)は果たして真っすぐに打ててるの?と自問。

 秋ですから(笑)。

いつもの朝練でやってみました。

手前5mからドアの手前での寸止めです。

初めの5球は狙い通りですね。

この5球はぶつかったのが2個、でも大きく弾かれてないので、タッチも良いといえます。

右端の6球目は残念ながら外れています。

これはパーフェクトを意識したので邪念により外したと言えます。

アヤコさんごめんなさい(笑)。

 

でも、これくらいであれば合格でしょうか。

但し、これは毎日やっている5mだからこそ、こんなに方向もタッチも良いんだと思います。毎朝は2mもやってるので良い結果が出ると思いますが、3mや4mではこんなにタッチは良くはないと思います。

 

*1:「ゴルフの、ほんとう」(週刊ゴルフダイジェストに連載)は、読者の質問に答える解説記事ですが、パットの関する質問に答える場面では、この言葉が何度も登場しています。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス