ボールスピードをイメージする | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ロングパットはリズムを早める」に続きます。

要旨を省略して引用させていただきます。

 

ーーーー

距離勘(原文は感、以下同じ)を高めるためには、ボールがコロがるスピードに注目してほしい。長い距離なら(出だしの)ボールスピードは速く、短い距離なら遅くなるが、このスピードを距離勘に置き換えてイメージを作る。

 ボールスピードはヘッドが動くスピードで決まる(ほぼ同じ)。

つまり、カップまでどのくらいのボールスピードで転がすかをイメージすれば、ヘッドスピードは自然に決まってくる

 

そのために大事なのがプレショットルーティン。

ボールを後方から見るのは、ライン読みのためだけではない。

ツアー選手はラインを見ながら素振りもするが、この時ボールがライン上を転がっていくスピードをイメージし、それに合わせてどれくらいの速さでヘッドを動かすかをイメージしている

ーーーー

 

私も昔から「上手い人は転がりスピードで距離勘を作っている」と何度も聞いてきました。聞いた時にはそのイメージが湧かなくてセンスのなさを嘆いたものですが、これも徐々に身についてくるものなんですね。

でも、それが身につくと距離勘が身についたと言えると思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス