ロングパットはリズムを早める | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「加速のイメージはアリ」に続きます。

 

ーーーー

ロングパットは全体のスピードを上げて打つ。

 

それにはリズムを早めるのがコツ。

振り幅を大きくして距離を伸ばそうとすると、大きく振り上げるほど軌道やフェースがズレてしまう。

 

小さなふり幅でもリズムを早めてスピードを上げれば、ストロークの精度を下げずに長い距離に対応できる

ーーーー

 

とは言っても、長いパットでは振り幅も自然に大きくなりますね。

それで良いのではないでしょうか。

アヤコさんは、どんなパットも同じリズムでストロークしていました。

それでも長いパットでは振り幅も大きくなっていましたね。

 

自分の身体能力を信じて、距離勘に専念してストロークすればそんなに大きく外れることはないと思います。

 

 距離勘は、あくまで勘ですから、練習によって養成するしかないのだと思います。どんなやり方でも、一朝一夕で習熟するのは無理があるように思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス