HSを等速にする | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

距離勘を作ることは、社会人でデビューしたゴルファーの最大の課題だと思いますが、「ロジカル・パッティング」(吉田洋一郎著 実業之日本社刊)では”距離勘(原文は感)をロジカルに作る”という一章があります。略して引用させていただきますが、詳しくは是非該書をご覧ください。

 

ーーーー

ポイントとなるのは、ヘッドが動くスピード。

テークバックからダウンスイング、フォローからフィニッシュまでのスピードをつねに一定にする。

全体が均等なら、速くても遅くても振りやすいスピードでOK。

 

等速にする理由は、インパクトの強さを一定にしたいから。

距離勘にバラつきが出る人は、インパクトを「ボールをヒットして」作ろうとするのがミスの大きな原因。

 

等速に振るにはリズムが大切なので、自分の感覚の中で一定のリズムを刻むことを習慣にしてほしい。

 

グリップの強さを一定にすることも等速ストロークのための大切なポイント。

ーーーー

 

著者はメトロノームを使ってリズムを覚えるのも効果的とおっしゃってます。

ただし、余りにも等速に拘り過ぎると、リズムが狂って却って逆効果になります。

 

昔、岡本綾子は長いパットも短いパットも同じ時間でストロークしているというデータがありました(ご本人の弁ではなく、第3者が勝手に測った)。

 

パットもショットも一定のリズムが良いように私(Green Keeper)は考えています。私自身はかなりゆっくり目の1-2-3のリズムで振っています。このリズムが一定の時は良いストロークになりますね!

また、私自身は等速でなく加速した状態でインパクトしています。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス