脇の甘さ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

脇が甘いとはよく言ったものですね。

粗雑とか注意不足を例えていう言葉だと思います(語源は相撲らしいです)が、ゴルフの場合には身体的な意味と喩えがまさに一致しています。

 

私(Green Keeper)は脇が甘い人間でして(たとえの意味ではないです、念のため)、意識していないと脇が甘いスイングになってしまいます。ショットのそれについては、気合が入っているときは1打ごとに甘くならないように自分のルーティーンを踏んでいるので、まずミスはないですが、肝心のパットで甘くなってしまうことがあります。

 

そうなると方向再現性が悪くなります。

ショットの場合には、どちらの脇が(より)甘くなるかで、飛球ラインが決まりますが、パットの場合はどちらになるか定かではありません(*1)。

 

昔、伊澤利光が気の利いた表現をしていた記憶がありますが、今思い出せません。NET検索してもないです(NETの普及前のことです)。

なので、自己流で対処しています。

①比較的強めに両脇を締める
  これでストロークすると当然のことながら窮屈で思うようなパットになりません。

②そこで、両脇を徐々に緩めていきます。

 スムーズにストロークできるようになるまで緩めると、どのくらいの強さになるでしょうか。私(Green Keeper)の場合、脇が体に付いている感じの時が一番良いです。
 これは二の腕(上腕)内側が、体に触れていいることです。

ストローク中もこれが離れない(浮かない)と方向性が良くなります。

 

ショートパットの方向性が気になる方は、この方法もお試しになると良いと思います。

 

*1:多くのデータを採れば、ショットと同じように、脇の甘さが左右のどちらがより甘いかによって外す方向が一義的に決まるのかも知れませんが、、、。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

 

PC不調で、フォローさせて頂いてる皆様の記事UPについては「いいね!」出来ますが、フォロアーの皆様からの「いいね!」についてはペタ返しなど難渋しております。しばらくの間、無礼をお許し願います<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス