ミス矯正とストローク② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ミス矯正とストローク①」に続きます。

 

ーーーー

ショートとプッシュ矯正には直線

 

ショート

  原  因:手首を捏ねてヘッドが先行する。ロフトが寝て当たる。

  防止法:直線ストロークは、左手をリードさせてフォローでヘッドを目標へ長く出してゆくので、左手首の角度がキープできる。

 

プッシュ

  原  因:ストローク中にゆるみ、軌道が波を打ったりフェースが開いてしまう

  防止法:左手でボールを押し込む直線ストロークならゆるみにくい

ーーーー

 

私(Green Keeper)自身はストレート軌道を意識してやってきましたし、数年前には診断をうけてストレートが私の適性軌道だと確認していますが、該書を読んでから若干IN TO INの軌道の魅力も感じるようになってきましたので、朝練では試しています(うん、なかなか良い!)が、現場では自然にストレート軌道でパッティングしています(笑)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

 

PC不調で、フォローさせて頂いてる皆様の記事UPについては「いいね!」出来ますが、フォロアーの皆様からの「いいね!」についてはペタ返しなど難渋しております。しばらくの間、無礼をお許し願います<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス