振り子式ストロークのマスター⑤ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「振り子式ストロークのマスター④」に続きます。

 

ーーーー

左手一本でヘッドを真っすぐ出す

 

直線ストロークは左手の使い方がカギ。なので、左手一本で打つ練習をたくさんする。

 

手元とヘッドを、ボールを打ちたい方向に向かって真っすぐ出す。

このとき、左手甲でボールを押し込んでゆくイメージ(*1)を持つと良い。

 ヘッドを直線的に出すのと同時に、カラダや手元のゆるみも防げるので、フェース面をスクェアに保ったまま振り出せる。

ーーーー

 

左手甲をライン方向に出せというのは昔から言われていますね。

ショートパットではこれを意識してストロークするとよいように思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

 

PC不調で、フォローさせて頂いてる皆様の記事UPについては「いいね!」出来ますが、フォロアーの皆様からの「いいね!」についてはペタ返しなど難渋しております。しばらくの間、無礼をお許し願います<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス