振り子式ストロークのマスター④ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「振り子式ストロークのマスター③」に続きます。

 

ーーーー

直線ストロークはアマにおすすめ

 

テークバックはわずかにインサイドにヘッドを引くが、インパクトゾーンからフォローにかけては、左手リードで手元とヘッドを目標へ真っすぐに出していく

 イメージとしては完全に直線でOK.。フェースの開閉もゼロにする。

 

ストロークに意図的な操作が入るので、再現性や安定性が下がる懸念があるが、軌道やフェース向きを真っすぐにする意識が高まるので、方向性に難のあるゴルファーには向いている。

 また、切り返しからフォローにかけて手元を動かす(*1)ので、カラダの柔軟性が低くても振りやすいのがメリット。

 

ツアーでは少数派だが、頭や下半身を固定するとパターをスムーズに振れないというアマにとっては、方向性アップのためにぜひ試してもらいたいストローク

ーーーー

 

*1:切り返しで手元を動かすという解説ですが、ここがよくわかりません。動かさないほうが良いと思いますし、動かさないほうが再現性は高いはずです。

 ただし、本解説はテークバックをインサイドにという言葉もありますので、そうした場合には、すストレートの軌道を得るには手元を返さないとそうならないわけでもあります。

 たかがパット、されどパット。難しいですね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

 

PC不調で、フォローさせて頂いてる皆様の記事UPについては「いいね!」出来ますが、フォロアーの皆様からの「いいね!」についてはペタ返しなど難渋しております。しばらくの間、無礼をお許し願います<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス