振り子式ストロークのマスター③ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「振り子式ストロークのマスター②」に続きます。

 

ーーーー

カラダとパターの一体感をつかむ

 

支点を設けて振る感覚自体がうまくつかめない人は、グリップエンドを丹田に当てたままストロークしてください。

 

グリップエンドを支点にすると、カラダとパターは一体化して同調するので、正しい振り子運動ができる。

 

クラブはユーティリティーの長さ(40インチ前後)がちょうどよく、グリップエンドを丹田に当ててもパターと同じ感覚で振れる。

 

ーーーー

 

アプローチや他のクラブを振るときも、丹田にグリップエンドを付けた意識で行えという指導もよく見られます。

手打ちにならないようにという教えですが、パットでも全く同じ。

しかし、パターは軽いので、どうしても手で操作しやすいので、気を付けないといけませんね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

 

PC不調で、フォローさせて頂いてる皆様の記事UPについては「いいね!」出来ますが、フォロアーの皆様からの「いいね!」についてはペタ返しなど難渋しております。しばらくの間、無礼をお許し願います<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス