RIZAP・KBC最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

首位Tで出た出水田大二郎が逃げ切ってツアー初Vを手にしました(-14)。

1打差の2位は崔虎星。

更に1打差の3位にJ・パグンサンと今平修吾でした。

 

出水田は飛ばし屋ですが、終盤で崔虎星に並ばれたときも冷静に対処できたのはパットでした。

#17(パー3)では≒6mのフックラインを決めて○。

まさにパットが勝因といえます。

ここ(芥屋GC)はツアー唯一の高麗グリーンで、選手はこれが悩みの種ですが、出水田は「苦じゃない」と。

 

この試合のSTATSで出水田の平均パット数=1.600でランク1位です。「苦じゃない」ではなく「得意」といえます。

 

平均飛距離296yds(ランク10位)の飛ばし屋がパットでこれだけ良ければ、まさに鬼に金棒です。

大器と言われながらも8年目に初Vですから、大器晩成の言葉とおりと言いたいですが、まだ25歳です、、(笑)。

 

東京オリンピックでは、この世代の選手が活躍してくれそうですね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス