ニトリL最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

強風だった前日はスコアを落とす選手が独出でしたが、1打伸ばして首位に立ったアン ソンジュがこの日も2打伸ばし(5○3△)て逃げ切りました(-7)。

 

アンは12年、13年に続きこの試合3Vです。

そして、今季は「PRGRレディース」「ヤマハレディース」「日本ハムレディース」に次いでこれで4Vです。

 

3打差の2位は渡邉彩香。

更に1打差の3位には東浩子、比嘉真美子、申ジエ、原英莉花、三ケ島かなでした。

 

アンのパットについては、上記過去記事にいろいろとUPさせて頂きましたが、前傾姿勢が深いことはまだ触れたことがなかったですね。

 申ジエと比べて頂くと分かりますが、アンは前傾が深めです。

そして、下半身が不動なのは、パット功者のストローク特性を持っていると言えます。

今季この試合終了時点で

 平均パット数1.7679はランク2位です。

 

それに、スライスラインを打つときに、幾分左肩をオープンに構えます。これはアマラインに外すことを警戒しての構えじゃないかと想像しています。

 

この日の後半ではドライバーが少し乱れていましたが、トータルドライビング(*1)は42でランク1位です。飛距離と方向性のバランスが最も良いということですね。

 *1:飛距離のランクとFWキープ率のランクを足した数字。

 

これで、賞金レース首位の鈴木愛に9944K円と迫ったアン。

終盤戦ではこのレースの行方からも目が離せなくなりそうです。

 

余談:ここ(樽カン)のグリーンは「A2」で、ニューベントの代表的品種の1つです。JGTOの「住友VISA太平洋マスターズ」でお馴染みの太平洋クラブ御殿場コースではこのA2と007を混ぜて丈夫さとクオリティーを高めています。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス