入口を広げる | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ボール位置を変える」に続きます。

 

そしてカップの入り口を広げる、と仰います。

ーーーー

カップを通過する距離勘(原文は感)で、ラインを膨らませて打つ。

 

ラインを消して打つよりも膨らませて打った方が、カップの入り口は広がる。

但し、ジャストたっちでなく、カップを多少オーバーするイメージで打つこと。

ラインの読み方に正解はない(*1)。

 何故ならタッチの強さによって曲がり方が変わるから。

 カップインしたラインが正解。

 

大切なのは、自分が打つ前に決めたラインを信じること。

それで外れたら仕方がないという潔さがパッティングには必要。

中途半端な迷いがあるとストロークに影響するので気を付けよう。

 

ジャストタッチのイメージで打つとショートしがち。

10m以上のロングパットなら手前に止まっても仕方がないが、1mなら30cmオーバー、5mでもカップを通過させるつもりで打つ。

ーーーー

 

*1:正解は無限にあるというのが、正しい言い方なんでしょうね。

   数学的すぎるかな(笑)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス