振子式ストロークのマスター② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「振子式ストロークのマスター①」に続きます。

 

ーーーー

支点はカラダの中 手元に設けない

 

振子の支点となる部分は、カラダの中に設ける。

手首に設けてしまうと手首の角度が変わりやすいので、ロフトやフェースの向きが理想値から遠ざかる原因になる。

 

グリップを指先で握って振る(*1)と手首が使えなくなり、カラダの中の支点をイメージしやすくなる。

ーーーー

 

*1:パットではパームに握るのが鉄則ですが、手首を捏ねやすい方はこれをやってみると良いですね。

 実戦でもショートパットを引っ掛けやすい方は、その時だけこれをやるのも良いと思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス