振り子式ストロークの特徴 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

いまさら?!って叱られるかもですが、良く纏められていたので引用させて頂きます。

 

以前にもUPしましたが、B・チャールズが創案してご本人も活躍につながったのが振り子式ストローク。

 J・ニクラウスが採用して大活躍に貢献しました。

それ以降、プロが続々と採用し、いまやツアーの大多数の選手は振子式です。

 

出典:「ロジカルパッティング」(吉田洋一郎著 実業之日本社刊)

ーーーー

多くのツアー選手がこのストロークを用いているが、振り子式ストロークの最大のポイントである、軸と支点をキープしながらカラダを回すには、柔軟性が必要。勢いや反動をつけないと体が回らないという人には不向き。

 (チェック方法は別項に書かれているので、それは該書をどうぞ)

 

振子式ストロークの特徴

〇軌道はイン・トゥ・イン

〇フェースの開閉量は多め

〇カラダに支点を作る

〇手打ちが防げる

〇動きがシンプル

ーーーー

 

振子式を採用されているゴルファーで、この特徴の1つや2つが、ご自身のイメージと違っているとお感じになる方が多いと思います。

 

著者はこの後、ストロークの要素についても解説してあります。

ご一読をお勧めいたします。

例によって、私は回し者ではありません。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス