CAT ladies最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

黄金世代全盛って感じを受けた試合でした。

 

今は黄金桃の最盛期(旬)ですが、何か?・・・・<m(__)m>。

だって、初Vを挙げたのは桃子ですから、このくらいは、ニヤリ、、。

 

2位の森田遥に3打差をつけて首位で出た大里桃子がツアー初Vです。この日3○3△で通算-10。

終盤では森田に1打差まで詰め寄られましたが、最終ホール(パー5)では右下≒30cmにつけるスーパーショットで楽々のバーディーとして森田を突き放しました。

 

2打差の2位は森田。

更に1打差の3位にはアン ソンジュ、菊地絵理香、飯島茜でした。

 

この試合、初日トップにいた新垣比菜が2日目も上位でフィニッシュしたにもかかわらず失格(スコアの誤記)。

それがなければ、展開も違ったものになったかもですが、これが勝負(競技)の世界。良い勉強をしたと思います。

 

大里のパッティング。

ショットと同じようにストロークしているというのが印象です。

グリップは顎の下よりも内側に置き、ストローク中もグリップが浮きません。ショットだけでなくパットでもこういうストロークが芯を捉えるんだと言わんばかりのストロークです。

ですから、頭がよく残る。長いパットだと、右に頭が傾くくらいに頭を残しています。

 これは我々がマネしてよいところではないでしょうか。

 

今季これまでの平均パット数は1.8414(ランク52位)、この試合の3日間平均パット数は29。

この試合のパーオン率は79.6%ですから、パット数が多くなってもやむを得ないですね。大里はショットメーカーといえます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス