右手主導のパット | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「両目でカップを狙う」の前の号では、時松隆光がやっているパットについて、師匠の篠塚武久さんは、次のように解説しています。

省略して引用させて頂きます<m(__)m>。

ーーーー

本能を生かすには、両手合体型のオーバーラッピングやインターロッキングなどはパッティングこそあり得ない。何故なら、これらは右手の感性を殺す握り方だから。

 パッティングこそ、右手主導。人間は距離勘(原文は感)も方向性も自在に操れる感性を右手に集約して持っている。

 右手が悪さをして引っ掛けるのを嫌うという方がいるが、私からすると悪さをするのは左手。

 

左手主導だとパッティングにもネジりが入る。

肩を入れ替える振り子の動きで体をネジり、左手で引くことで腕までネジる。二重のネジりでフェースローテーションを起こし、簡単なものをわざわざ複雑化している。(中略)

 

手には「持つ」という役目と、「転がす」という役目がある。両手を合体させると、それが混ざってわけがわからなくなる。左手は「持つ」だけでいい。転がすのは右手の仕事。

 ダーツは軽いから右手のみ。両手で投げることを想像したら、右手の感性が殺され狙い通りに的に当てるのは困難。

S・スニードは、左手はグリップエンドを握り、右手はヘッドのすぐ近く(シャフト全長の≒半分の位置 *1)を握る極端なスプリットハンド。

ツアーでは禁止になったが(*2)それは端的に言ってポンポン入ったから。禁止されたのはスプリットハンドではなく、ラインを跨いで構えること。

 

固定概念に縛られてきた方は、最初のうちは左手の人差し指と中指の間にグリップを挟む握り方がオススメ(*3)。左手がネジれないから方向を維持してくれ、右手は距離勘などの感性が十全に活かせる。

 このグリップは下りのとても速いラインのとき実戦でも使える。

ーーーー

 

*1:Green Keeperの添え書きです。

  多くのゴルファーは古い写真から、このことを御存じだと思います。

 

*2:B・ジョーンズが禁止の主役を担ったというのが真相のようですね。これは昔記事にしたことがあります(OCNの「ブログ人」)。

 あ、ブレンダン・ジョーンズじゃないですよ、ボビー・ジョーンズです。

 

*3:感性を生かして高速グリーンに対応するために「Charさん」はこのグリップを実戦投入されてると以前の記事にてお見かけしました。

 S・スニードは、ゴルフは音楽だと名言を吐いていますが、Charさんのギターは本格派。他の方も含めて音楽感性の鋭い方はゴルフが上手いと言えますね、私の知る限り。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス