手首を捏ねないドリル | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ツアーの世界でも主流の振り子式ストロークで、陥りやすいミスは手首を捏ねてしまうことです。

特に左手をパームに握ることで、良いストロークが出来ると専門家は指摘されます。→「グリップはパーム」

 

慣れてくるとこれでスムーズに、手首を捏ねることなくストローク出来ますが、それ以前にご自分流の打ち方をやっておられた方は、どうしても手首を使いがち(捏ねる癖が抜けない)です。

 

そんなときに効果があるのがこのドリルです。

 

両手の手の平をグリップから完全に浮かし、両手の指先だけでグリップします。

これで普通にストロークしてみてください。

これですと、両手の指先と手首の内側に適度な張りが生じてストローク中、特にフォローでの捏ねが無くなります。

これはたくさんやる必要はないですね。

これが出来たら、普通にパームのグリップに戻してストロークすると捏ねることが無くなります。ただし、気を抜くと手首を捏ねてしまいます。

しばらくは意識して手首を使わないようにすると早めに慣れると思います。

 

また、ショートグリップでの引っ掛けが出るようなときは、本番でもこのフィンガーグリップ?が効果ありそうですね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス