スクェアが合理的 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「カラダのスクェアな向きが目線もスクェアにするとは限らない」ので、アイラインがスクェアなら構えはオープンでもクローズでもかまわない、と「ロジカル・パッティング」の著者、吉田洋一郎さんは解説しています。

 

詳しくは該書をお読みいただきたいのですが、一言で言えば、左右両眼を結ぶライン(ここではこれを目線=アイラインという)が打出しラインに平行でラインの真上にあれば、アドレスはオープンだろうがクローズだろうがかまわない、ということになります。

 

パット功者の方で、クローズに構えたり或いは逆にオープンに構えたりの方がいらっしゃいますが、これで納得できますね。長いことやってきて、このスタンスに行きついたわけですが、その過程で試行錯誤して目線はライン上に置くという、無意識の理論合致が出来ています。

 

でも私(Green Keeper)は、スクェアなアドレスに拘ります。

 

スクェアであれば、

①アドレスの再現が容易なことで距離が長くても、狙えることができるからです。→「ミドルパットに自信」

②不調に陥った時に、アドレスを疑う必要がないからです。

 オープンやクローズであれば、その度合いが狂っているんじゃないかと、先ずはその調整から始めるので、復調に時間がかかります。

言うなれば、ストロークの再現性を高めるという点で、変数を1つ消去できるわけです(笑)。

 ②は吉田さんの仰るように、目線をスクェアにすれば問題ないとの事ですが、不調の時に目線をバッチリスクェアに戻すことって簡単ではないように思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス