首の角度 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「眼の前後位置で軌道が変る」に続きます。

 

ーーーー

首の角度も要注意。両眼をターゲットラインの真上にセットしても、首が左右に傾くとアイラインがずれる

 著者(吉田洋一郎さん)も右に向く癖があるが、これまでのレッスン生も、≒8割はどちらかに傾いていた。

 

背骨を地面に垂直にしたら、カラダの軸をしっかり保ち、同時に首の角度も真っ直ぐにしよう。

 

ここでさらに気を付けたいのが、首の前後の傾き。

首を左右に傾けず真っ直ぐ立てても首の角度が浅いと下目にボールを見ることになり、目線のズレを起こす原因になる。

 

首を前に傾けて、顔を地面と正対させるイメージを持つと、アイラインをターゲットラインに合わせやすくなる

ーーーー

 

ここで注意しなければならないのは、後頭部を水平まで前傾させるという意味ではないことです。

 顔の正面が水平まで前傾ですから、後頭部の前傾が水平まで行ったら、それは深すぎる前傾です。

 

実は、私(Green Keeper)は、いままで後頭部が水平になるのだと思ってました。そこまでは出来てなかったので、この記事を読んで安心したところです(笑)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス