眼の前後位置で軌道が変る | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「正しいボール位置」に続きます。

 

ーーーー

眼の前後位置がどこにあるかで軌道が変ってしまう

 

アイラインの角度がターゲットラインと重なり(*1)合わない原因の一つに、目線の位置がボールよりも前や後ろにあることがあげられる。

 奥から覗き込むような見方と手前から見る状態。

目線をボールの真上にして、ラインと重ね合わせているつもりなのに、ラインがずれて見える人はここをチェックする必要がある。

 

奥から覗き込んでいるときはラインが左を向く。真っ直ぐにストロークしているつもりでもヘッド軌道はアウト・トゥ・インになる。

 反対に、頭の位置がボールより手前で下目で見ているときは、ラインが右を向く。こちらはイン・トゥ・アウト軌道になる。

 

修正法としては、頭の位置を前や後ろにズラしてみるのがおすすめ。

少しずつ補正しながらターゲットラインが真っ直ぐ見える位置を探して「ここ!」という位置が見つかったら、実戦でもそこにセットする感覚をカラダに覚え込ませる。

ーーーー

 

*1:このことについては該書(「ロジカル・パット」吉田洋一郎著 実業之日本社刊)をお読みください。

 

左眼の真下にボールを置くことは、左眼の位置からボールを落して、グリーン上のボールに当てれば確認できます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス