正しいボール位置 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

パッティングで、ボール位置はどこでも良いというのではなく、左眼の真下が正しいと仰るのは、吉田洋一郎さんです。

「ロジカル・パッティング」(吉田洋一郎著 実業之日本社刊)から、略して一部を引用させて頂きます。

 

ーーーー

ボールは左眼の下にセットする

 

アイラインと足元のターゲットラインを重ね合わせるのが絶対条件(*1)なので、正しいボール位置は必然的に決まってくる

 

ボールは両眼の真下、垂線上にセットする。

 

また、アッパーブローにヒットするので左右の位置はやや左左眼の真下(*2)になる。

ーーーー

 

*1:別項にて解説されています。

   詳しくは該書をお読みください。

 

*2:Green Keeperも左眼真下をお勧めしています。

   何故なら、転がり理論上、ここが唯一最適位置だからです。

   →「理想の転がりを得るストローク」

 

   なお、この中でアッパーブローにストロークすることが理想の転がりを得ることも示してあります。

 「世界標準 シングルになれるパット術」(上記該書の副題)でも、アッパーブローに打つことが論じられていますので、心強いです。

 勿論、芯を捉えてのパットが大前提で、擦り球のアッパーブローは厳禁です。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス