先ずは目線のセットアップ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スタンス幅の広さは?」に続きます。

 

ーーーー

先ずは目線をセットアップ

カラダの向きは後から決める

 

パッティングで目線をどのくらい気にしていますか?

ヘッドアップしないようにするくらいは意識しているでしょうが、アドレス時やストローク中にどこを向いているかは無頓着ではないでしょうか。

 

欧米のティチングプロは、データや数値を重要視しますが、それらを改善するポイントとして、真っ先に修正されるのはカラダの向きや動きではなく「アイライン(目線)」です。

 

ロジカルなコーチは練習道具を使って指導するが、アイラインを重視します。

アイラインさえ正しければ、カラダはどんな向きでもかまわないと言っても過言ではないのです。

ーーーー

 

平坦なライでは目線も身体の向きもスクェアに構えられますが、大きい傾斜などある場合は、これが狂いやすいですね。

 先ずは、目線を打出し方向に合わせる。徹底したいと思います。

この指導のキモは、フォローでもその目線を切らないで維持しなさいと言う事と理解できます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス