下半身固定は50点 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「腕の形は」に続きます。

 

ーーーー

下半身を固定するとストロークが安定する、というのは間違いではない。しかし、単に固定するだけではダメ。

たとえ微動だにしなくても、その影響で「カラダがスムーズに動かない」、「上体にむだな力が入る」となるのは本末転倒。

 

 下半身を完全固定するだけでは50点。

正確で再現性の高いストロークの妨げになるほど固定するよりも、多少動いてもいいというのが欧米のロジック。

 

バランスを保つコツになるのがスタンス幅。

(続く)

ーーーー

 

多少異論のあるGreen Keeperです。

10m位のパットまでは完全ロックした下半身が良いと思います。

狙いたいですよね。入ったら、それは偶然の賜ですが(笑)。

でも狙ってみるからには、再現性の高いストロークである下半身固定は必須です。

 

更に長いパットは寄せるのが至上となりますので、距離勘を合わせるには「アプローチライクのパット」

 これは基本的に下半身も使ってスムーズで大きなストロークを作ります。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス