腕の形は | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

五角形が良いとUPしました→「腕の形は五角形」

肘や膝を伸ばしたままだと人間は体のセンサーが働きにくいというのが五角形をお勧めする理由でした。

 

でも、三角形の方がセンサーが働きやすいかもおられるようですね。

「前腕とパターは一直線」に続きます。

ーーーー

腕の構え方もさまざまだが、大きく分けると「三角形」と「五角形」の2タイプがある。どちらでなくてはならないという決まりはない。どちらの場合も、計測データ上のちがいはない。

 

なので「振りやすい」「ミスが防げる」という点が選択のポイント。

 

三角形は両腕が伸びるので腕にテンションがかかるので、アドレスの時のカタチをキープしたままストローク出来るので、打点やフェース向きのブレは出にくい。

 

五角形は、両肘を曲げるぶん、ホールド感は無くなるが、手元や体がリラックスできるので、ストロークがスムーズになりテンポを一定に保ちやすいのが長所。力みやインパクトでパンチが入るのを防げる。

 

これらを参考に自分に言合うカタチを選ぶ。

ーーーー

 

一般には五角形を選ぶ、というかこれでやっておられる方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス