前腕とパターは一直線 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「グリップは肩の下」に続きます。

 

ーーーー

パターをイメージ通りに動かす、逆の言い方をすると勝手に動かないように制御するポイントが「前腕とパターを一直線」にした構え

 

これはパームグリップと連動するので、グリップを生命線に沿えてパターをタテに握るカタチ(*1)がマストになる。

 

こうすることで、腕をシャフトの延長線として使える。

腕とパターの一体感が高まるので、体の動きに連動してパターをコントロールできる

ーーーー

 

太字は原著の通り。

 

*1:「グリップはパーム」参照。

 

パットの神様青木功は真っ直ぐじゃなく、コックした様なグリップですので、パターと前腕が真っ直ぐではありません。

 これは神様だから出来ることであって、我々凡人はオーソドックスにパターと前腕を真っ直ぐにするのが賢明です。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス