セガサミー杯最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

首位の金亨成の-8を4打差で追う、3組前のB・ケネディが逆転でVを手にしました(3日間に短縮)。

この日9〇1△の通算-12。

特にバックナインでは5〇ノー△が光ります。

 

淡々としたプレーの中に、正確なショット、パットが光りました。

最終日のケネディのSTATSから

  FWキープ率≒93%でランク1位

  平均パット数=1.4でランク1位

この試合3日間でも

  FWキープ率≒90.5%でランク1位

  平均パット数≒1.62でランク1位

 

この試合のケネディの飛距離は250ydsでランクは63位。

如何に正確なショット(+小技)が勝利に貢献したかの典型例ですね。

 

3打差の2位は金亨成、ちょっとミスが目につきました。

更に2打差の3位にS・ノリス、G・チャルングン、藤本佳則、今平周吾でした。

 

ケネディは、日本ツアーは「関西オープン2013」に次いで、3勝目です。

長いこと勝てなくて、引退も考えたそうですが谷口の優勝→「日本プロ2018」でモチベーションがあったと報道されていました。

そういえば、谷口とケネディの共通点は飛ばないけれどショートゲームが上手いってことですね!

 

紳士を思わせる、いつも冷静な印象のケネディ。

カッカしているところは見たことがないです。

彼のプレースタールに共感しています。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス