日ハムL最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

戦歴25Vのアン ソンジュと同じく16Vのテレサ・ルーの一騎打ちかなと思ってましたが、この首位で並んでスタートした2人に1打遅れて同組の川岸史果が奮闘してしました。

 

結果はアンのVで-13。

2打差の2位が川岸とテレサでした。

 

アンは「PRGRレディース2018」「ヤマハL葛城2018」に続き今季3V。

選手寿命の長い選手だと思ったのですが、間もなく31歳ですから、まだまだこれからも活躍が期待されますね。

安定した強さは、ショットの安定性とパットの上手さ。

 今季のFWキープ率はここまで≒70%でランク16位。

     平均パット数はここまで≒1.75でランク3位。

ベタ足打法は私(Green Keeper)もそうなので、イメージが重なり、私的にはとても参考になります。

ご本人が語るアンのパットは→「アン ソンジュのパット」

 

川岸は昨年の初V(→「マンシング2017」)に比べて、パットが安定してきています。距離勘が良くなっています。

 あの頃は見ていてハラハラでした(笑)。

ツアー選手でもキャリアを重ねることで距離勘が良くなりますね。

年度別の平均パット数とランクは

 2018年  1.8173   23位

 2017年  1.8130   26位

 2016年  1.8364   --

 2015年  2.0000   --

 

飛距離の出る選手ですが、FWキープ率をもう少し挙げて、パットやアプローチなどを磨けば、LPGA(US)でも活躍できると期待しています。

 

女子ツアー後半戦も楽しみたいと思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス