グリップはパーム | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「アドレスで決まる」に続きます。

 

ーーーー

ツアー選手を見ると、グリップにはいろいろな握り方があり、これにも型が無いように思える。

 しかし、ある共通点がある。

 

それは、指の絡め方や添え方はさまざまでも、手のひらの生命線に沿ってグリップを握るパームグリップが基本、ということ。

 

最近のミケルソンのように、左手の指先でつまむクロウグリップのような握り方でも、右手(右利きの人でしたら左手)はパームで握っている。

 

パームグリップの長所は、手のひらとグリップに隙間ができなくなるので、パターとカラダに一体感が生まれること。

すると、ヘッドやフェース面を上手にコントロールできる。

 

指先で握ると、必要以上にヘッドが加速してしまう、ストローク中にヘッドが回転し過ぎてフェースがブレてしまう、などのミスが起きる。

ーーーー

 

Green Keeperもいろいろやって来ました。

グリップを左手生命線に沿って握るのが一番落ち着きますね。

とは言っても、これはあまり意識するものではなく、自然というか落ち着くところというか、しっくりくるところがこの位置じゃないかな、と思います。

但し、身長に対して長すぎるパターをお使いの方は、生命線に沿わせると却って違和感が生じるのではないでしょうか。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス