アドレスで決まる | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

続いて

アドレスした時点で入るかどうかは決まっている という節に続いています。

省略して引用させて頂きます。

 

ーーーー

ナイスショットは、アドレスが大事。

これはパッティングにも言えることで、良い構えはいいストロークへとつながる。

パットには型が無いように思えて、実は共通した型があり(→「パットに型はある」)、アドレスでは2つのポイントがある。

 

アイライン(目線)

 両目を結んだラインの角度はとても重要。

アイラインはターゲットラインと平行・スクエアでなくてはならない。

 

両手のポジション

打球線後方からチェックしたとき、両手が肩の真下に来るようにセットすること。

 前傾の深浅に関わらず、スタンスがオープンでもクローズでも、必ず肩の真下。

 

正しいストロークをするために絶対に守らなければいけないこの2大ポイントは必ずマスターすること。

ーーーー

 

私(Green Keeper)は昔、JGAのジュニア指導員をなさっておられた方に言われました。これからさらに上を目指そうと思ったら「セットアップ」に細心の注意を払え、と。

 レンジでは完璧に構えることが出来ても、現場では簡単なことではないですね。言うなれば、ライや景色に惑わされてショットに狂いが生じます。私のショットミス原因の80%は今でもこれじゃないかと思います。

 

しかし、著者が以上のように「成否はアドレス次第」と言いきっておられるのには少々驚きました。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス