コースでの良い思考とは | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「狙って良い距離を知る」に続きます。

 

ーーーー

コースにはロジックもメカニックも持っていかない

 

カップインの確率を上げるには、ストローク中の意識の持ち方にもポイントがある。

 ツアー選手は「よく飽きないなぁ」と思うくらい地味な練習を繰り返すが、いざ本番がスタートすると、あれだけ徹底してメカニカルな動きをチェックしていたにもかかわらず、頭の中では思い出したり意識していない

 

では、本番では何を考えているのか?

メカニカルな部分は一切考えず、どの方向にどのくらいのスピードで転がって、どうやってカップに入っていくか、距離やラインに対してのボールの転がり方に集中して打っている

 

コースでは、確実にこの思考が良いストロークを実現する。

ボールの転がりのイメージに集中してストロークすると、身体は不思議と尾の通りに動いてくれるので、意図した結果に近づける

ーーーー

赤字はGreen Keeperが強調のため着色しました。

 

これに関連して「iy25」さんが興味ある記事をUPしておられます。

「いま棒はどうやって動いていますか?」

全く同じことを仰ってるわけですね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス