「狙っていい」距離を知る | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「プロ並みに上手くなるには」に続きます。

 

ーーーー

スキルを磨いて入る確率を上げつつ、自分が高確率で入れられる「狙っていい距離」をつねに把握しておく。

狙っていい距離は、10球打ったら8球は入る確率は欲しい。

 

(上記リンク記事で書いた)徐々に距離を伸ばし、80%の確率を切ったら前の距離に戻し、80%入る距離を徐々に伸ばす練習をする。

 

そして、打つ強さは必ずカップをオーバーさせる距離で行う事。

D・ペルツさんの言われるように≒カップ4個分(≒40cm)のオーバーだと、不確定な芝の影響をなくすことができる。

ーーーー

 

スキルが伴わないのに、入れたいという気持ちだけで打つと、どうしても強めになります。外した場合に3パットの危険が高まります。

自分の狙える距離を知っておくことは大切なことですね。

 

逆に、パットのスキルを高めるには、徐々に80%で入れられる距離を増やしてゆくということだと言えます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス