ツアープロ並みに上手くなるには | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「3パットを増やすのは」、実力以上に長いパットを無理に入れに行くことで返しのパットが長くなり、これが入らずに3パットしてしまうわけですね。

 鈴木愛は練習熱心で、強気のパットが身上ですが、返しのパットが2m位あってもほぼ確実にこれを沈めていますね。こうなれば、別ですが(笑)。

で、冒頭のリンク記事に続きます。

 

ーーーー

10cm単位で80%入る距離を伸ばしていく

 

アベレージ90が1mを1パットで入れる確率は80%。

この確率を10cmずつで良いので伸ばして1.5m迄拡大すると、ツアープロレベルの確率が手に入る。

ーーーー

 

ツアープロが1パットで入れる確率が、1.5mで80%。

これを目指せと言うことですね。

いきなり1.5mが入るように練習しても、成果が見えないうちにモチベーションが下がる可能性が高いですから、着実に成果につながるように練習は10cm単位で距離を伸ばそうというものです。

 

10cmということは1カップの距離です。

カップの上下左右(東西南北)の1mから80%以上の確率で入ったら、カップ1個分遠くに置き練習すると良いと思います。

1mで入る自信がユトリを与えてくれて1.1mは簡単に入ると思います。ここでも自信を持つことがパットには大切なことが実感できると思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス