スコアをまとめるには | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「1.5mの確率は50%」に続きます。

 

ーーーー

パッティングはフィジカル的要素に関係ないので、アマでもプロ並みになれる。

 

1パットで入れる確率を上げる目標は、1.5mをツアー選手と同じ80%まで引き上げること。

 そうなれば80%しか入らなかった1mは自然に90%以上入るようになる。

1mが入るか入らないかは、スコアをかなり左右する。

 

わずか1mを外したことからプレーに影響することは多々ある。

 入れて当たり前を外した、勿体ない1打を増やした、3パットしたなどという後悔を引きずって次のティーショットをミスるなど多くのダメージがある。

 

先ずは10cm長くなっても確率を下げない、その積み重ねでむだな1打をどんどん減らしていく。

 

ロングパットを1発で沈める劇的な1打よりも、そのホールを何パットで上がったか、18ホールを通して1RNDの平均パット数を下げることがスコアアップへつながる。

ーーーー

 

5mを超えるようなロングパットは、入っても自慢するのではなく、謙虚にその日の幸運に感謝するという気持ちが大切ですね。

 同伴者のそれにはその素晴らしさに大きな賞賛をすべきですが、、、(笑)。

そういう気持ちを持ち続けることが、練習を続けることにもなりますし、現場(グリーン上)でも、ゴルフの神様が微笑んでくれるチャンスが増えるのではないでしょうか。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス