ストローク中は | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「顔の向きは」に続きます。

 

ーーーー

ストローク中はボールの転がる姿をイメージする

 

ストロークはメカニカルに動くことが重要だが、いざストロークに入ってからはカラダやパターの動きは意識しない。

ボールがコロがるスピードやラインに乗っていく様子など、ボールの姿をイメージしながら振ろう。

ーーーー

 

実戦では

転がって行くボールの速さ

カップに入って行く様子

こういったことをイメージすることで、メカニカルなことを意識せずにストロークしようという意味ですね。

 

これを行おうとしたら、目はボールを追うのではなく、ボール位置を見続けるほうが、目からの情報(この場合は、イメージに対する外乱)が入ってこないので、イメージが出しやすくなります。

簡単なようですが、人は結果をすぐに知りたがり、これがなかなか難しいですが、気持ちを切り替えて、出来るようになるとパットのイメージがクリアーに描けるようになり、パットに余裕が出てきます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス