モンダミン杯最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

首位で出た成田美寿々がこの日も5打伸ばして逃げ切りました(-17)。今季は先々週に続きV2、通算10Vです。

 

2位は前日5位Tに浮上し、この日6打伸ばした鈴木愛の-14。

更に1打差の3位に岡山絵里。

4位には更に2打差で石川明日香でした。

 

「最終的にはパット」(樋口久子)と解説がありましたが、最近の成田のパットは目を見張るものがあります。

これについてはおいおい触れたいと思います。

 

例えば、#15(パー3)ではショット後「入れ!」と声に出していましたが、奥≒3mにオン。急斜面ではなかったですが、微妙なスライスラインを程よいタッチで入れて○。

 

一方、鈴木も#16(パー4)では(カートパスの真ん中から)左≒5mに乗せたスライスラインを、これまたジャストタッチで入れて○。

 

二人とも互いに(同組ではなかったですが)良いパットを最後まで続けてくれました。

 

この試合、成田は「-20を目標に」(ご本人)、「落ち着いたプレー」(樋口の解説)でしたが、私は「充実感を持ってプレー」しているという印象でした。

ゾーンに入っていると言う印象でした。

 

4日間のラウンド平均パット数は成田が27.75

                    鈴木が29.50  

で平均パット数ランク1位の鈴木を上回っていました。

平均パット数ではこの試合が終わっても鈴木がランク1位で成田は4位です。成田の昨年のそれは13位でしたから長足の進歩です。

 

さて、昨年の覇者は鈴木でした→「モンダミン杯2017」

この試合に勝つと賞金女王の確率が高いと言われてますね。

一昨年、一昨々年もその通りイ ボミでした。

    →「モンダミン杯2016」「モンダミン杯2015」

 

先週の覇者は鈴木でした→「ニチレイL2018」

先々週の覇者は成田でした→「サントリーL2018」

 

今年はこの二人が中心に賞金レースを引っ張ってゆくのではないでしょうか。

ますますJLPGAツアーから目が離せません。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス