トリプルロック | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「グリップ圧力」について、レッスンの神様H・ペニックのご託宣を紹介させて頂きました。

パットでは、ほどほどながらもしっかりとグリップするのが良いとGreenKeeper流の考え方も示しました。

 

で、どんな握り方が良いの?という質問も頂きました。

グリップもいろいろ個性が出るところですが、以下は「重心パッティングのススメ」(大本研太郎著 マイナビ刊)の勧めるグリップの作り方です。要約して引用させて頂きます。

ーーーー

右手グリップを決める

 パッティングで多く採用されるのは、逆オーバーラッピング。

 こうすると、右手の全ての指でしっかりと握ることが出来る。

 右手の指5本でパターが触れるくらいに、しっかりと握る。

左手を添える

 しっかりと握った右手に左手を添える。

 左手の人差し指を右手の小指にかけ(逆オーバーラッピング)たり、
 人差し指を薬指に、中指を小指にかける(2本指逆オーバーラッピング)等があり、どれが正解かはないが、両手の一体感があり①で作った密着感が崩れないのが良い。

 添えたら、左手の親指をパターグリップの平らな部分に乗せる。

 掌で密着するのを好む人は、太めのグリップを使うのも良い。

トリプルロックで両手を固定する

 アドレスの姿勢を取って、少しハンドファーストの度合いを強くすることで、左手の甲側が伸びて、手首がロックできる。

 更に少しハンドファーストに構えて(*1)、パターを吊り気味にするとパターに一体感が生まれ手首を固定することができる。

 5本指でしっかり握った右手のロック、ハンドファーストにした左手甲のロック、更にハンドアップすることによるトリプルロックで、手首の余計な動きを抑え、安定したパッティングが可能になる。

 

手首の固定は再現性を高める上でも重要。

しっかりと固定できるグリップを採用しましょう。

ーーーー

 

手首を捏ねないようにするには、という言い方が良いようにも思いますね。

*1:これはテークバックの始動の前に手首をフォワードプレスすることで、ハンドファーストの度合いを強めるとともに手首のロックもできるし始動もスムーズに行えると思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス