個性 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「はなはるさん」は、最近の気付きとして

「頭は残そうとしなくても勝手に残るもんだ」と仰っています。

それは

「カップや、打つ場所までの位置をイメージし続けたままストロークするんです。

 

そうすると自然と頭が勝手にストロークが終わるまで動かなくなったんです!

 

頭を動かないようにって意識する必要が全くなくなりました。」と。

「パターの話」

そして、

「今まではインパクトするまでしか距離感をイメージしてなかったのでインパクトの強さが変わったりしちゃってたんだと初めて気づきました。

 

逆に短い距離はボールを出していく方向を強く意識するようにするとしっかりストローク出きるようになってパターが好調だった時のように強くきちんと打てるようになりました」と結んでおられます。

 

私(Green Keeper)は逆で、頭を残しておいてストローク。

距離勘を出すには、ルックアップをしないで、イメージした距離までの距離感を強く意識して転がすというほうが距離勘が出ます。

 

人によってやり方が違うんですね。

最近は人それぞれの身体特性に合った指導の仕方が行われるようになってきています(ex。4スタンス理論)が、パットのストロークもこのように個性にあった指導の仕方がなされる日が近いのかも、です。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス