グリップ圧力 | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

スニードは何故あれほど軽くグリップを握り、パーマーは何故きつく握るのか、と私はPGAのスクールでいつも質問されたものである。

ーーこれは「ハービー・ペニックのゴルフ・グリーン・ブック」(H・ペニック著 菊谷匡祐訳 集英社文庫)の一節で、次のように続きます。

 

ーーーー

スニードはいつも同じ場所でボールを打つために、力を入れずにグリップできた。

 パーマーの強いグリップは、スニードよりは正確さにおいて劣る打点で、クラブの面が変ってしまうのを防ぐためである。

ーーーー

 

グリップ圧って、ゴルファーにとっては永遠の課題のように思います。

私(Green Keeper)は、強くしたり弱くしたりを繰り返した遍歴があります。って、まだ続いているかも、ですが(笑)。

 

パットでは、スニード流が合っているように思います。

別に大きな力は必要ないですし、何より芯で正確に捉えるのが大切です。

但し、緩く握ればよいというのではなく、上手く芯に当てるストロークが出来るように、それなりにしっかりと握ることが大切ではないでしょうか。

また、ショットの場合もそうですが、ストローク中はそのグリップ圧を変えないことも大切です。

あ、ショットでは、程よいグリップ圧と左腕の程よい緊張感(真直ぐ感)をスイング中に変えないでフィニッシュまでもっていくと大きなフォローとフィニッシュが取れるし、芯を喰った乾いた打音が出ます。

パットはそこまで大きな音は出ませんが、打音と打感から感じ取ることで、芯を喰っていることが確認できると思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。