クラスターパッティング | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

これをやっておくと、ラウンド中のパットの精度が高まると仰るのは治部隆さん(生涯学習ゴルフ研究会)です。

 「書斎のゴルフ」36(日本経済新聞出版社 刊)から、当該部のみ略して引用させて頂きます。

 

ーーーー

ボールを2個用意して、1つは目の前に置き、もう一つは1クラブ以上離れた自分の視野に入らないところに置く。

 2個のボールを直線ラインで結び、自分の視野に入る範囲に目印を付ける。

 そうして、目印を狙ってパットする。

 決してボールを狙うのではない。

これはボールに当たる、当らないの練習ではない(*1)。

 

足元がパットのラインと平行になっているかを確認する練習。

これをやっておくだけでも、ラウンド中のパットの精度は想像以上に上がる。

ーーーー

*1:このようなパット練習のことをクラスターパッティングと治部隆さんは仰ってますが、私はこの言葉初めて知りました。

 

いわゆるスパッツを設けてそこを通すというエイミングですね。

「鈴木愛のパットレッスン」でもそのことが言われてます。私の引用記事では特にそのことに触れませんでしたが<m(__)m>。

 

宅練やマット練習では、スクエアにアドレスするための周辺視野情報が入りますが、現場ではそれがありませんから、こういう練習が役立つということですね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス