鈴木愛のパットレッスン | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

今季初のメジャーは勝てた試合と思ったものの申ジエにさらわれてしまいました(→「サロ杯2018」)が、獲得賞金、平均ストローク、平均パット数ともに申ジエに先行する鈴木愛(サロ杯終了時点のSTATS)。

 

そのパットについては→「鈴木愛のパット2018」に触れましたが、YouTubeに鈴木愛のパットレッスンという投稿があります。

ここで、鈴木は

①アドレスで膝をあまり曲げないこと

②ストロークは気にしすぎない

③テークバックは気にしないで出球(の方向)を気にする

  出球を真っ直ぐに出すだけ

  即ち、インパクトからフォローまでの形を気にする

④距離勘は素振りの時に調整しておく

⑤アドレスを真っ直ぐに取ると出球も真っ直ぐに出る

ということを強調しています。

「鈴木愛プロのパターレッスン」

 

テークバックよりもフォロー(の方向)を重視せよというのは、藤田寛之も仰ってます。

「効果てきめん練習1」

 

参考になさっては如何でしょうか。

 

私(Green Keeper)がゴルフを始めた頃に、先輩からは「テークバックを真っ直ぐに取れば、フォローは真っ直ぐになる」と教えられ、真っ直ぐにテクバックすることに専心したことが懐かしいです。

テークバックを真っ直ぐに取るということは、けっこう難しいことです。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス