世界一周 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ドリル:パターよ止まれ!」に続きます。

 

T・ウッズ少年(4歳から10歳まで)にゴルフを指導したR・デュランさんのお勧めする、パッティングのドリルの最後になります。

 

ーーーー

ドリル:世界一周

1つのカップのまわりに15個のボールを半径5フィート(≒1.5m)の輪状に置き、1つ1つカップインさせるべくパットする。

 カップに入らないボールがあっても、そのままにして次のボールに移り、輪になった15個のボールすべてを打つ。

ーーーー

 

このドリルは実戦向きですね。

1mにして全てを入れるように世界一周をやると効果が高いです。

15個も要らないです、東西南北の4個でも良いですね。

そして、斜度の大きな所でこれをやると、更にスキルが高まります。

何故なら、実戦では長いパットを1m以内に寄せることは出来ますが、次打でカップインさせることで2パットで上がれるというゴルフの基本が実践でき、それを続けることで、1パット(〇)も来るからです。

そうするととても気持ちの良いラウンドになります。次ホールのティーショットは狙い通りに打てることが保証されることになります。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス