パターよ止まれ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ドリル:瞳を閉じて」に続きます。

 

ーーーー

ドリル:パターよ止まれ!

 パッティンググリーンで練習するときは、どのパットの場合も、ボールの転がりが止まるまで、フォロースルーの位置でパターを止めたまま保って欲しい

 ボールを打ち終わったら、左足のすぐ前で、パターを宙に浮かせたまま止めておくのだ。

パターを実際のフォロースルーの位置より上に上げる必要はない。

自然な位置で止めること。

 この練習は、スムーズで均整の取れたストロークを身につける上で効果がある。

ーーーー

 

本文中の太字はGreen Keeperが強調のため修飾しました。

 

ゴルフをはじめたころ不思議に思いました。

プロや上級者のショットのフィニッシュって、収まりが大きくて決まっていますよね。女子プロではフィニッシュの姿勢を1~2秒くらい保っておられる選手も多いのに、パットでは何故そういうシナを作らないのか、と。

 

そうすることで、距離勘も良くなる(ボールは目で追わない、という条件付きで)ことは以前確認したことがあります。

 なので、私も著者のこの指摘には全く合意できます。

しかし、私もこれやってません(笑)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

 

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス